長い説明は いいから、今すぐ、手っ取り早く、やり方を教えてくれ! 簡潔、明瞭、的確に 結果だけ頼む! な人。。

WordPressバージョン5で旧エディターを使う方法

スポンサードリンク

WordPressのエディター

WordPressをバージョン5.0に更新したら、新しいエディターになり、今までと操作方法が異なるエディターになってしまい使いづらくなってしまいました。
バージョン5.0以前のエディターの方が使いやすかったです。
WordPress バージョン5.0でも、以前の古いバージョンのエディターを使用する方法を調べて使えるようできたのでメモしておきます。

下記画面がWordPress バージョン5.0からの新エディター。
使いづらいので、前のエディターを使いたい。
WordPress バージョン5 前の 古い バージョン エディター Classic Editor 使う

手順

プラグインの「Classic Editor」をインストールして有効化することで、以前のエディターを使えることができます。
下記が「Classic Editor」のプラグインをインストールして有効化の手順です。
1.WordPress管理画面左側のメニューで「プラグイン」「新規追加」を選択。
2.「プラグインの追加」画面で右側の「プラグインの検索」欄に、「Classic Editor」と入力。検索が始まります。
WordPress バージョン5 前の 古い バージョン エディター Classic Editor 使う

3.検索結果で「Classic Editor」「今すぐインストール」をクリック。
※似たような名前のプラグインがあるとき間違って別のプラグインをインストールしてしまうことあるので、念のためプラグインの名前が「Classic Editor」であることを確認します。
WordPress バージョン5 前の 古い バージョン エディター Classic Editor 使う

4.インストールが終えたら、「有効化」ボタンをクリック
WordPress バージョン5 前の 古い バージョン エディター Classic Editor 使う

5.有効化が終えると、画面が変わり「プラグインを有効化しました。」になります。
WordPress バージョン5 前の 古い バージョン エディター Classic Editor 使う

6.試しに「投稿」の「新規作成」をすると、で以前の旧エディター(Classic Editor)が使用できるようなりました。
WordPress バージョン5 前の 古い バージョン エディター Classic Editor 使う

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

*

スポンサードリンク

About Me

長い説明や前置きはいいから、
手っ取り早く、 教えてくれ!

簡潔、明瞭、的確につきる。

それ読んだり、聞いたりするの長いし面倒
結論、結果だけ頼む!

急いでるようで急いでない、
時間がないようで、そうでもない、
ただ ただ面倒、長いのにうんざり な人。。