長い説明は いいから、今すぐ、手っ取り早く、やり方を教えてくれ! 簡潔、明瞭、的確に 結果だけ頼む! な人。。

Windows10で「. NET Framework 3.5」のインストールエラーの場合

スポンサードリンク

.NET Framework 3.5

Windows10で「.NET Framework 3.5」のインストールエラーの場合になったときに、「.NET Framework 3.5」をインストールする方法です。

以前はWindows10のパソコンに「.NET Framework 3.5」をインストールができていたのですが、最近、インストールエラー(エラーコード 0x800F081F)になり、「.NET Framework 3.5」をインストールできなくなってしまいました。
別の方法で「.NET Framework 3.5」をインストールする手順を時間をかけて調べてしまったのでメモしておきます。

通常のインストール手順 その1

通常での「.NET Framework 3.5」のインストール手順です。
この手順でインストールエラーの場合は、ページ下の「インストール手順 その2」を試してください。
1.デスクトップ画面左下の「Windowsボタン」で「Windowsシステムツール」-「コントロールパネル」をクリック

2.コントロールパネル画面で「プログラムと機能」をクリック

3.プログラムと機能の画面左側の「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリック

4.「.NET Framework 3.5(.NET 2.0 および 3.0を含む)」の□のチェックを入れて■にし、「OK」ボタンクリック

5.「Windows Updateからファイルをダウンロードする」をクリックで、ダウンロードが始まります。

インストールエラーの場合

6.インストールエラー(エラーコード 0x800F081F)になり、インストールできず。「閉じる」ボタンクリック。ページ下の「インストール手順 その2」を試してください。

インストール手順 その2

通常のインストール手順でなく、Windows10の「インストールディスク」を使い「コマンドプロンプト」で「.NET Framework 3.5」をインストールする方法です。

1.「Windows10のインストールディスク」を用意して、パソコンのディスクドライブに入れます。
※Windows10のインストールディスクの作成手順は、こちらのブログ記事を見てください。

2.「コマンドプロンプト」「管理者として実行」で起動します。
デスクトップ画面の「Windowsボタン」ー「Windowsシステムツール」-「コマンドプロンプト」項目上で「右クリック」。「その他」ー「管理者として実行」をクリックします。

3.「コマンドプロンプト」が起動します。

4.下記のコマンドをコピーして、コマンドプロンプト画面で貼り付け(右クリックで貼り付けられる)
※画面表示上2行に改行されていますが、1行のコマンドの文字列です。

DISM /Online /Enable-Feature /FeatureName:NetFx3 /All /LimitAccess /Source:d:\sources\sxs

※赤文字は、パソコンのディスクドライブ(Windows10のインストールディスクを入れたドライブ)のドライブ文字です。使用するパソコンに合わせて変えます。
例えば、ディスクドライブのドライブ文字がEドライブの場合は、

DISM /Online /Enable-Feature /FeatureName:NetFx3 /All /LimitAccess /Source:e:\sources\sxs


5.エンターキーでコマンドが実行され、インストールが始まります。

6.しばらくして、インストールが終了。「.NET Framework 3.5」のインストールができました。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

*

スポンサードリンク

About Me

長い説明や前置きはいいから、
手っ取り早く、 教えてくれ!

簡潔、明瞭、的確につきる。

それ読んだり、聞いたりするの長いし面倒
結論、結果だけ頼む!

急いでるようで急いでない、
時間がないようで、そうでもない、
ただ ただ面倒、長いのにうんざり な人。。