長い説明は いいから、今すぐ、手っ取り早く、やり方を教えてくれ! 簡潔、明瞭、的確に 結果だけ頼む! な人。。

WordPressをローカル環境のパソコンにインストール

スポンサードリンク

WordPressのテーマをカスタマイズ修正などするために WordPressをローカル環境のパソコンにインストールしたい!

WordPressのインストール手順

下記、Windows8.1にインストールしてみました。

1.XAMPP環境の構築

WordPressをインストールする前段階として まず、「XAMPP」という環境をパソコンに構築する必要があります!
XAMPP とは、MySQL、PHP、および Perl を含む、イントールが簡単な Apache ディストリビューションです。

「XAMPP」環境をパソコンに構築する手順はコチラ。

2.WordPressのダウンロード

「WordPress.ORG 日本語のサイト」(http://ja.wordpress.org/)から最新のWordPressをダウンロードします。
ダウンロード

3.WordPressフォルダの設置

ダウンロードしたファイルを展開します。「wordpress」というフォルダができます。
その「wordpress」フォルダを、XAMPPをインストールしたフォルダの「htdocs」フォルダの中におきます。
おいた「wordpress」フォルダは、フォルダ名を好き名前に変更できます。
(私は、「mywordpress」と変更しました)
インストール

4.データベースの作成

XAMPPコントロールパネルから「MySQL」の「Admin」ボタンをクリックして「phpMyAdmin」を起動します。(Apache、MySQLはStartボタンで起動しておきます.)
データベースの作成
「データベース」タブを選択します。
データベース名を入力して「作成」ボタンをクリック
(私は、「wordpress」と入力して作成した)
データベース名は、あとでWordPressのインストールで必要ですので覚えておきます。
データベースの作成

5.WordPressのインストール

Webブラウザで、「http://localhost/フォルダ名/」にアクセス。
フォルダ名は、XAMPPフォルダの「htdocs」フォルダの中においた「wordpress」フォルダ名です。
(私の場合は、「mywordpress」にフォルダ名を変更したの「http://localhost/mywordpress/」になります)
「設定ファイルを作成する」ボタンをクリック。
インストール
「さあ、始めましょう!」ボタンをクリック。
インストール
「4.データベスの作成」で作成したデータベース名、XAMPPのインストール後にセキュリティー設定で設定したMySQLのユーザ名(root)、rootのパスワードを入力します。
インストール
「インストール実行」ボタンをクリック。
インストール
WordPressのサイト名等を入力します。(インストール後に変更できます)
インストール
「ログイン」ボタンをクリック。
インストール
設定したユーザ名、パスワードでログインします。

ログイン
以上でWordPressをインストール終えました。

以降、XAMPPコントロールで「Apache」「MySQL」をStartして、WordPress管理画面へアクセスできます。
WordPress管理画面へは「http://localhost/フォルダ名/wp-admin/」
WordPressの自分のサイトへは「http://localhost/フォルダ名」でアクセスできます。

フォルダ名は、XAMPPフォルダの「htdocs」フォルダの中においた「wordpress」フォルダ名です。
私の場合は、「mywordpress」にフォルダ名を変更したので
http://localhost/mywordpress/wp-admin/
http://localhost/mywordpress/

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

*

スポンサードリンク

About Me

長い説明や前置きはいいから、
手っ取り早く、 教えてくれ!

簡潔、明瞭、的確につきる。

それ読んだり、聞いたりするの長いし面倒
結論、結果だけ頼む!

急いでるようで急いでない、
時間がないようで、そうでもない、
ただ ただ面倒、長いのにうんざり な人。。