長い説明は いいから、今すぐ、手っ取り早く、やり方を教えてくれ! 簡潔、明瞭、的確に 結果だけ頼む! な人。。

エクセルで標準偏差 STDEV.SとSTDEV.P

スポンサードリンク

標準偏差

エクセルで、標準偏差を計算する関数が「STDEV.S」「STDEV.P」の2つあります。
どちらをどう使えばよいか分からず、時間かけて調べてしまったのでメモしておきます。

手っ取り早く例えで

ヘルプや解説サイトを見ても よく分からないので、手っ取り早く知るために例を示します。
Excel エクセル 標準偏差 STDEV.S STDEV.P

「STDEV.S」を使う場合

上記の10個のデータが、1万個のデータの中から抜き取ったサンプル(標本)のデータのとき。つまり、たくさんのデータの中からサンプリングした(標本)データを使って、標準偏差を計算するときは、「STDEV.S」を使う。

「STDEV.P」を使う場合

データ自体が全部で10個あって、この全データ10個のデータ(母集団全体)を使うとき。つまり、全データを使って、標準偏差を計算するときは、「STDEV.P」を使う。

エクセルのヘルプの内容

上記の例えをふまえると、エクセルのヘルプも なんとなく理解できます。
STDEV.S
引数を標本と見なし、標本に基づいて母集団の標準偏差の推定値を返します

STDEV.P
引数を母集団全体であると見なして、母集団の標準偏差を返します

計算式の違い

標準偏差は、分散の正の平方根なんですが、、
Excel エクセル 標準偏差 STDEV.S STDEV.P
分散に「不偏分散」と「分散」の種類があるので、エクセルでは標準偏差を計算する関数が2つあります。
Excel エクセル 標準偏差 STDEV.S STDEV.P
Excel エクセル 標準偏差 STDEV.S STDEV.P
「不偏分散」と「分散」の計算の違いは、(n-1)で割るか、nで割るかです。なぜ、こうなるかの詳細は、検索するなど調べてください。ここでは、手っ取り早く、ざっくりということで。
Excel エクセル 標準偏差 STDEV.S STDEV.P

Excel エクセル 標準偏差 STDEV.S STDEV.P

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

*

スポンサードリンク

About Me

長い説明や前置きはいいから、
手っ取り早く、 教えてくれ!

簡潔、明瞭、的確につきる。

それ読んだり、聞いたりするの長いし面倒
結論、結果だけ頼む!

急いでるようで急いでない、
時間がないようで、そうでもない、
ただ ただ面倒、長いのにうんざり な人。。