Word

Wordで数学の弧の記号の表示のやり方

スポンサーリンク

数学の図形で

Wordで数学の弧の記号の出し方です。
数学の図形で弧ABを弧の記号を使って、ワードで表示するやり方を聞かれて調べたのでメモしておきます。

ワードで図形の弧ABを弧の記号を使って書きたい。
Word 数学 図形 弧 記号 出し方 表示
ワードで、弧ABというのを弧の記号を使って書くことできます。
Word 数学 図形 弧 記号 出し方 表示

表示のやり方

弧の記号の表示のやり方です。
2通りあります。
1.Unicodeを入力、変換して弧の記号を挿入。
2.記号と特殊文字画面から弧の記号を挿入。

1.Unicodeを入力、変換して弧の記号を挿入

弧の記号のUnicode(ユニコード)を入力、変換して弧の記号を挿入する手順です。
上付きの弧の記号のUnicode(文字コード)は、「U+0361」です。

手順例として、「弧AB」を記号を使って表示する例です。
1.ABと入力して、カーソルをAとBの間の位置にしますAとBの間の位置のフォントをA、Bのフォントより少し大きめに設定します
※下画像ではABのフォントの大きさが10.5だったので、AとBの間の位置のフォントは大きさを12にしました。
Word 数学 図形 弧 記号 出し方 表示

2.弧の記号のUnicode(文字コード)の「u+0361」をABの間に入力して、キーボードの「Alt」「X」キーで文字コードから記号に変換します。Word 数学 図形 弧 記号 出し方 表示

ワードでUnicode文字の挿入は、Unicode数値を入力して、キーボードの「Alt」+「X」キーで変換します。

Word Unicode文字 挿入 やり方

3.ABの上に弧の記号が表示されました。
Word 数学 図形 弧 記号 出し方 表示

2.記号と特殊文字画面から弧の記号を挿入

記号と特殊文字画面から弧の記号を挿入する手順です。

手順例として、「弧AB」を記号を使って表示する例です。
1.ABと入力して、カーソルをAとBの間の位置にしますAとBの間の位置のフォントをA、Bのフォントより少し大きめに設定します
※下画像ではABのフォントの大きさが10.5だったので、AとBの間の位置のフォントは大きさを12にしました。
Word 数学 図形 弧 記号 出し方 表示

2.ワードのメニューの「挿入」をクリック。リボンメニューの右側にある「記号と特殊文字」をクリックして、表示したメニューの「その他の記号」をクリック
Word 数学 図形 弧 記号 出し方 表示

3.表示した画面で、フォントを「(現在選択されているフォント)」にして、種類を「結合分音記号」にします。
Word 数学 図形 弧 記号 出し方 表示

4.画面下側にある文字コードに、弧の記号のUnicode(文字コード)の「0361」を入力すると、弧の記号が選択されるので、「挿入」ボタンをクリック。
※右側のコード体系が「Unicode(16進)」になっていないときは、「Unicode(16進)」にします。
※一覧から弧の記号を選んでもOKです。
Word 数学 図形 弧 記号 出し方 表示

5.ABの上に弧の記号が表示されました。
Word 数学 図形 弧 記号 出し方 表示

コメント

タイトルとURLをコピーしました