Word

Wordでルビを下側や上下に表示

スポンサーリンク

ルビの表示を

Wordで、ルビ(ふりがな)を下側や上下の両方に表示するやり方です。
通常、ルビの設定をすると上側の表示ですが、ルビの表示を下側や上下の両側にできます。
下側にするやり方を調べたので、メモしておきます。

ルビ(ふりがな)を下に表示したい
Word ルビ ふりがな 下側 表示
ルビ(ふりがな)を上下に表示したい
Word ルビ ふりがな 上下 両側 表示

設定手順

例として「東京」にルビを表示する設定手順です。

まず、通常手順でルビを設定しておいてから
・ルビを下側の表示に変更
・ルビを上下の表示に変更
の手順になります。

ルビの設定

まず、通常手順でルビを設定します。

1.ルビを設定する「東京」を選択して、メニューの「ホーム」で、リボンメニューの「ルビ」ボタンをクリック。
Word ルビ ふりがな 表示

2.表示した画面で、「OK」ボタンをクリック。
Word ルビ ふりがな 表示

上側にルビが表示されました。
Word ルビ ふりがな 表示

下側にルビの表示

1.東京の「東」の前にカーソルをおきます。すると東京が選択状態になります。
2.キーボードで「Shift」+「F9」キーを押します。
(キーボードで「Shift」キーを押しながら「F9」キーを押す)
または、キーボードで「Alt」+「F9」キーでもできます。
Word ルビ ふりがな 上下 両側 表示
3.「東京」がフィールドコードの表示になります。
※再度「Shift」+「F9」キー(または「Alt」+「F9」キー)をすると、フィールド表示が解除されて「東京」の表示に戻ります。
Word ルビ ふりがな 上下 両側 表示

4.「up」の部分を「do」に変更します。(downの「do」で下側のルビ表示になる)
Word ルビ ふりがな 下側 表示
5.「Shift」+「F9」キー(または「Alt」+「F9」キー)で、フィールド表示を切り替えて、元に戻すと、下側にルビの表示になります。
Word ルビ ふりがな 下側 表示
6.ルビと文字(東京)の表示の間隔の変更は、フィールドコードの表示でオフセットの数値できます。
下画像では、9から18にしてみた。
Word ルビ ふりがな 下側 表示
オフセットの数値を大きくすると、表示の間隔が大きくなります。
Word ルビ ふりがな 下側 表示

上下にルビの表示

1.東京の「東」の前にカーソルをおきます。すると東京が選択状態になります。
2.キーボードで「Shift」+「F9」キーを押します。
(キーボードで「Shift」キーを押しながら「F9」キーを押す)
または、キーボードで「Alt」+「F9」キーでもできます。
Word ルビ ふりがな 上下 両側 表示
3.「東京」がフィールドコードの表示になります。
※再度「Shift」+「F9」キー(または「Alt」+「F9」キー)をすると、フィールド表示が解除されて「東京」の表示に戻ります。
Word ルビ ふりがな 上下 両側 表示
4.フィールドコードの「\s\up 9(とうきょう),」部分をコピーします。
Word ルビ ふりがな 上下 両側 表示
5.すぐ後ろに貼り付け
6.貼り付けたら、半角空白が入ってしまうので、半角空白を削除して詰める。
Word ルビ ふりがな 上下 両側 表示
7.貼り付けた部分の「up」を「do」に変更。(downの「do」でルビが下側になる)
Word ルビ ふりがな 上下 両側 表示
8.「Shift」+「F9」キー(または「Alt」+「F9」キー)で、フィールド表示を切り替えて、元に戻すと、上下のルビの表示になります。
Word ルビ ふりがな 上下 両側 表示
9.ルビと文字(東京)の表示の間隔の変更ルビの色やフォントの書式変更は、フィールドコードの表示でオフセットの数値やルビ分の文字の変更でできます。
Word ルビ ふりがな 上下 両側 表示
フィールド表示を解除して表示を戻すと下画像のようになります。
Word ルビ ふりがな 上下 両側 表示

フィールドコードについて

フィールドコードの詳細は、Microsoftのサポートページの「Word のフィールド コード一覧」を確認してください。
Word フィールド コード

ルビ(ふりがな)については、フィールドコードの「Eq」フィールドです。
Word フィールド コード ルビ

上付き、下付き
Word フィールド コード ルビ

※今回のブログ記事で参考にしたページです。
文字にルビを上下両側に付けたい時はどうするのでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました