Delphi

Delphiで数値の先頭にある$の記号

スポンサーリンク

Delphiで

Delphiで、integerの変数の代入で先頭に「$」のある数値があります。
「$」のある数値の意味のメモです。

Delphiで先頭に「$」のある数値
Delphi 数値 先頭 $ 記号

$で16進数の数値

通常、数値は10進数ですが、先頭に「$」をつけると16進数の数値として表せます。
(Delphiでプレフィックス「$」をつけると16進数の数値になる)

※C言語やPythonでは、プレフィックス「0x」をつけると16進数の数値になりますが、Delphiでは「$」です。
その他に、C言語やPythonでは、プレフィックス「0b」をつけると2進数になりますが、Delphiでは2進数のプレフィックスはありません。16進数の「$」のみです。。

例1
X,Yは同じ32ですが、数値としては違います。
x := 32;        // 10進数の32
y := $32;      // 16進数の32 (=10進数の50)
例2
a:=32、b:=$20は同じ数値になります。
Delphi 数値 先頭 $ 記号Delphi 数値 先頭 $ 記号
b:=$20は、10進数で32
Delphi 数値 先頭 $ 記号

※ちなみに、10進数、16進数の変換は、Windows10の電卓アプリで簡単に確認できます。

Windows10の電卓で16進数や2進数に変換
進数の変換 Windows10の電卓アプリで、10進数、2進数、8進数、16進数の変換するやり方です。 たまに、10進数の数値を2進数や16進数に変換したいときあります。 自分で計算するのは面倒で、とにかく手っ取り早く知りたい時ありま...

コメント

タイトルとURLをコピーしました