Windows

VCRUNTIME140_1.dllがないのエラーメッセージの場合

スポンサーリンク

アプリ起動で

Windowsのパソコンで、アプリを起動するとエラーメッセージ表示されて起動できないと聞かれて対応したのでメモしておきます。

「VCRUNTIME140_1.dllがないため、プログラムを開始できません」のエラーメッセージが表示されてアプリが起動できない。
アプリを起動すると「VCRUNTIME140_1.dllがない」のエラーメッセージ表示されてしまう。
Windows VCRUNTIME140_1.dll エラー メッセージ

対応

表示されたエラーメッセージは、アプリで「VCRUNTIME140_1.dll」のファイルが使用されており、VCRUNTIME140_1.dllファイルがパソコンになかったことのエラーメッセージです。
パソコンに「Visual Studio 2019 用 Microsoft Visual C++ 再頒布可能パッケージ」をインストールすると解決します。

「Visual Studio 2019 用 Microsoft Visual C++ 再頒布可能パッケージ」には、32ビット用、64ビット用の2つがあります。
使用するアプリ(実行ファイル)が、32ビット版か64ビット版か確認します。
●アプリが32ビット版ならば、32ビット版の「Visual Studio 2019 用 Microsoft Visual C++ 再頒布可能パッケージ」をインストール。
●アプリが64ビット版ならば、64ビット版の「Visual Studio 2019 用 Microsoft Visual C++ 再頒布可能パッケージ」をインストール。
●32ビット版、64ビット版の両方の「Visual Studio 2019 用 Microsoft Visual C++ 再頒布可能パッケージ」をインストールしてもOKです。

使用するアプリ(実行ファイル)が、32ビット版か64ビット版か確認するやり方は下記を見てください。

Windowsでアプリが32bit版か64bit版かの確認
32bit版か64bit版か Windows10のアプリ(実行ファイル、拡張子exeのファイル)が、32bit版のアプリ(実行ファイル)か64bit版のアプリ(実行ファイル)か確認するやり方です。 聞かれて調べたのでメモしておきます。 ...

ダウンロード

Microsoftのサポートページで「Visual Studio 2019 用 Microsoft Visual C++ 再頒布可能パッケージ」をダウンロードします。

下記がMicrosoftのサポートページのダウンロードページのリンクです。
「Visual Studio 2019 用 Microsoft Visual C++ 再頒布可能パッケージ」のダウンロードページのリンク

1.ダウンロードページを表示したら、少し下に画面をスクロールします。
Windows VCRUNTIME140_1.dll エラー メッセージ

2.使用するアプリが32bitの場合、「x86: vc_redist.x86.exe」をクリックしてダウンロード
使用するアプリが64bitの場合は「x64: vc_redist.x64.exe」をクリックしてダウンロードします。
Windows VCRUNTIME140_1.dll エラー メッセージ

インストール

ダウンロードした「Visual Studio 2019 用 Microsoft Visual C++ 再頒布可能パッケージ」をインストールします。
インストール後に、アプリを起動して、エラーメッセージが表示されずに起動するか確認します。

32bitのアプリの場合、ダウンロードした「vc_redist.x86.exe」をダブルクリックして、インストールします。
Windows VCRUNTIME140_1.dll エラー メッセージ

64bitのアプリの場合、ダウンロードした「vc_redist.x64.exe」をダブルクリックして、インストールします。
Windows VCRUNTIME140_1.dll エラー メッセージ

コメント

  1. パソコン大好き より:

    的確でわかりやすい図示と説明。感服いたしました。無事解決しました。

  2. 72才の老人 より:

    steamのObductionというゲームが起動しなくて困っていた時,このページを発見しました。ご説明の通りやってみましたら,見事起動しました。素晴らしいの一言です。感謝いたします。

  3. のがみん より:

    とても助かりました。

    新年早々、Firefox、Android Studio等が起動しなくなり、途方に暮れていたのですが、
    おかげさまで問題解消しました。

    考えられる原因(直前の変化点)としては

    1) 試用期限切れの Micorsoft365 をアンインストールしたこと

    2)プレインストールされていた McAfee の試用期限が切れたこと

    どちらかというと1)の可能性が高い気がしますが、
     (大量に、高速に、さまざまなDLLを削除していたので)
    たまたま二つがほぼ同時期だったので正確にはわかりません。

    ご参考までに。

    ありがとうございました。

  4. おじさん より:

    年末年始の休暇中にパソコン内の整理をしたらエラーが出るようになりました。
    こちらのサイトに出会えてっとりばやく修復できました。
    ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました