Excel

Microsoft365 Personalをプロダクトキーで更新

スポンサーリンク

購入したプロダクトキーで更新

使用していたMicrosoft 365 Personalの1年版の有効期限が切れたので、あらかじめ購入してあるMicrosoft 365 Personalのプロダクトキーでライセンスを更新しました。
Microsoft365のサブスクリプションの更新は、マイクロソフトのページでも購入できますが、某ネット通販で少しだけ安く購入したMicrosoft 365 Personalのプロダクトキーで、ライセンス更新したので手順をメモしておきます。

エクセルやワードを起動したら、「サブスクリプションの有効期限が切れています。ほとんどの機能が無効になります。ライセンスの再認証」が表示されました。

Microsoft 365 Personalを購入したプロダクトキーでライセンス更新したい。
Microsoft365 Office サブスクリプション ライセンス 更新 有効期限 プロダクトキー やり方

Microsoft365 Office サブスクリプション 有効期限切れ プロダクトキー 更新 やり方

準備

Microsoft365のサブスクリプションの更新に必要なもは2つです。
1.プロダクトキー
Microsoft365を事前購入してプロダクトキーをメモしておく。
2.Microsoftアカウント
これまでMicrosoft365(エクセルやワードなど)で使用していたMicrosoftアカウントとパスワード

購入したMicrosoft365のプロダクトキーの確認

私は、アマゾンで「Microsoft365 Personal オンラインコード版」を割引で少し安くなっているときに事前購入しておきました。

アマゾンで購入した「Microsoft365 Personal オンラインコード版」の「プロダクトキー」の確認のやり方をメモしておきます。

1.アマゾン画面の左上にある「アカウント&リスト」をクリック。表示したメニューで「ゲーム&PCソフトダウンロードライブラリ」をクリック。
Microsoft365 Office オンラインコード版 amazon アマゾン プロダクトキー

2.表示した画面で購入したMicrosoft 365の記載があり、プロダクトキーも記載されています。プロダクトキーは、Microsoft365のライセンスの更新で入力することになるのでメモしておきます。
Microsoft365 Office オンラインコード版 amazon アマゾン プロダクトキー

更新手順

Microsoft 365 Personalを購入したプロダクトキーでライセンス更新する手順です。

1.プロダクトキーでライセンスを更新する場合は、あらかじめMicrosoft365 Personal 1年版を購入しておいてプロダクトキーを準備をしておきます。(更新手順の過程でプロダクトキーの入力があります)

2.エクセルやワードなどで表示されている「ライセンスの再認証」ボタンをクリック。
Microsoft365 Office サブスクリプション ライセンス 更新 有効期限 プロダクトキー やり方

2.表示された「サブスクリプションの有効期限が切れています」画面で、購入済みのMicrosoft 365 Personalのプロダクトキーがあるので「キーの入力」ボタンをクリック。
Microsoft365 Office サブスクリプション 有効期限切れ プロダクトキー 更新 やり方

3.表示した画面で購入してある「プロダクトキー」を入力して、「Officeをライセンス認証」ボタンをクリック。
Microsoft365 Office サブスクリプション ライセンス 更新 有効期限 プロダクトキー やり方

プロダクトキー入力後の画面

プロダクトキー入力後に表示される画面が、2通りあります。
どちらの画面になっても更新できます。
1.プロダクトキー入力後に表示する画面その1
2.プロダクトキー入力後に表示する画面その2

1.プロダクトキー入力後に表示する画面その1

4.サインイン画面が表示されます。
これまでMicrosoft 365 Personalで使用していたMicrosoftアカウントでサインインします。
アカウントを入力して、「次へ」ボタンをクリック。
Microsoft365 Office サブスクリプション ライセンス 更新 有効期限 プロダクトキー やり方

5.パスワードを入力して、「次へ」ボタンをクリック。
Microsoft365 Office サブスクリプション ライセンス 更新 有効期限 プロダクトキー やり方

6.表示した画面で「次へ」ボタンをクリック。
この画面で入力したプロダクトキーが、Microsoft 365 Personalであることが確認できます。
※私は15ヶ月版のMicrosoft 365 Personal オンラインコード版を購入しました。
Microsoft365 Office サブスクリプション ライセンス 更新 有効期限 プロダクトキー やり方

7.「確認」ボタンをクリック。
Microsoft365 Office サブスクリプション ライセンス 更新 有効期限 プロダクトキー やり方

8.表示した画面で「定期請求」のチェックが最初からオンになっていますが、私は「定期請求」をオフにしました。次回もプロダクトキーで更新予定なので。
「確認」ボタンをクリック。
Microsoft365 Office サブスクリプション ライセンス 更新 有効期限 プロダクトキー やり方

9.Microsoft 365 Personalの更新が終わりました。「開始する」ボタンをクリック。
この後、エクセルやワードを起動している場合は、いったん終了します。
再度エクセルやワードを起動すると、「サブスクリプションの有効期限が切れています。」のメッセージは表示されなくなっています。
Microsoft365 Office サブスクリプション ライセンス 更新 有効期限 プロダクトキー やり方

2.プロダクトキー入力後に表示する画面その2

4.サインイン画面が表示されます。
これまでMicrosoft 365 Personalで使用していたMicrosoftアカウントでサインインします。
Windows10 Microsoft365 Office サブスクリプション ライセンス 更新 有効期限 プロダクトキー やり方

5.パスワードを入力して、「サインイン」をクリック。
Windows10 Microsoft365 Office サブスクリプション ライセンス 更新 有効期限 プロダクトキー やり方

6.「次へ」をクリック。
Windows10 Microsoft365 Office サブスクリプション ライセンス 更新 有効期限 プロダクトキー やり方

7.有効期限が1年後になりました。「定期請求」のチェックは最初から有効になっていますが、私は「定期請求」無効にしましたそして「確認」をクリック。Windows10 Microsoft365 Office サブスクリプション ライセンス 更新 有効期限 プロダクトキー やり方

8.「次へ」をクリックで終了です。
この後、エクセルやワードを起動している場合は、いったん終了します。
再度エクセルやワードを起動すると、「サブスクリプションの有効期限が切れています。」のメッセージは表示されなくなっています。
Windows10 Microsoft365 Office サブスクリプション ライセンス 更新 有効期限 プロダクトキー やり方

有効期限の日付の確認

使用しているMicrosoft 365 Personalの有効期限の日付の確認のやり方です。

1.エクセルやワードのメニューの「ファイル」をクリック。
Microsoft365 Office サブスクリプション 有効期限 日付 確認 やり方

2.表示した画面の左側で「アカウント」を選択して、画面右側で「アカウントの管理」ボタンをクリック。
Microsoft365 Office サブスクリプション 有効期限 日付 確認 やり方

3.ウェブブラウザーでMicrosoft 365 Personalのページが表示されるので、画面右上にある「サービスとサブスクリプション」をクリック
※サインインしていない場合は、サインインします。
Microsoft365 Office サブスクリプション 有効期限 日付 確認 やり方

4.表示した画面で有効期限の日付や定期請求の状態が確認できます。
Microsoft365 Office サブスクリプション 有効期限 日付 確認 やり方

コメント

タイトルとURLをコピーしました