Delphi

Delphi10のRelese構成で出力

スポンサーリンク

Delphi10

Delphi10.3のWindows VCLアプリケーションのビルドでRelese構成で実行ファイル(exeファイル)を出力するやり方です。
初期設定ではビルドすると実行ファイル(exeファイル)がDebug構成で出力されます。これをRelease構成に切り替えてビルドすると、Relese構成で実行ファイル(exeファイル)が出力できます。

ビルドのRelese構成へ切り替え設定手順

2通りあります。
1.Delphi10画面の右側にある「プロジェクト」ツールウィンドウ「ビルド構成」を展開
「Debug」「Release」があるので、「Release」をダブルクリックして「Release」に設定します。設定されている方が太文字になります。
Delphi10 Relese ビルド 実行ファイル exeファイル 出力

もしくは、「プロジェクト」ツールウィンドウ「アクティブな構成を設定」ボタンの横の「V」矢印をクリックして、表示したメニューの「Debug」「Release」で設定します。
Delphi10 Relese ビルド 実行ファイル exeファイル 出力

2.「Releae」に設定したら、プロジェクトのビルドをすると、プロジェクトのあるフォルダの「Win32」フォルダの中に「Release」フォルダができ、実行ファイルが出力されます。
Delphi10 Relese ビルド 実行ファイル exeファイル 出力

Delphi10 Relese ビルド 実行ファイル exeファイル 出力

コメント

タイトルとURLをコピーしました