Outlook

Outlookで送信メールをテキスト形式に変更

スポンサーリンク

Outlookで

Microsoft Outlook2019で、送信するメールをテキスト形式に変更するやり方です。
Outlookでは送信メールの形式を、「HTML形式」、「テキスト形式」、「リッチテキスト形式」の3種類から選択できます。
標準設定の「HTML形式」から「テキスト形式」にする設定手順をメモしておきます。

Outlookで送信メールをテキスト形式に設定したい。
Office Outlook

設定手順

送信するメールを「テキスト形式」に変更するやり方です。
2通りあります。
1.新規メールのたびメール形式を選択して変更する
2.Outlookの設定で、標準設定のメール形式を「テキスト形式」に変更する

1.新規メールのたびメール形式を選択して変更

新規メールのたびメール形式を選択して変更する手順です。

1.「新しいメール」(または返信)で、新しいメールの編集画面を表示します。
Outlook 送信メール テキスト形式 HTML形式 変更

2.表示したメールの編集画面で、メニューの「書式設定」を選択して、「形式」カテゴリーにある3種類から選択します。
送信メールをテキスト形式にする場合は、「テキスト」を選択します。
Outlook 送信メール テキスト形式 HTML形式 変更

2.標準設定のメール形式をテキスト形式に変更

Outlookの設定で、標準設定のメール形式を「テキスト形式」にする設定する手順です。

1.メニューの「ファイル」をクリック。
Outlook 送信メール テキスト形式 HTML形式 変更

2.画面左側の「オプション」をクリック。
Outlook 送信メール テキスト形式 HTML形式 変更

3.表示したOutlookのオプション画面の画面左側で「メール」項目を選択して、画面右側の「メッセージの作成」項目の「次の形式でメッセージを作成する」を「テキスト形式」にして「OK」ボタン。
Outlook 送信メール テキスト形式 HTML形式 変更

コメント

タイトルとURLをコピーしました