Windows

共有フォルダでWindowsセキュリティが表示される

スポンサーリンク

共有フォルダで

Windows10のパソコンで、社内LAN(イントラネット)にあるファイルサーバーの共有フォルダでファイルをコピーしたり右クリックすると、
「Windowsセキュリティ
これらのファイルを開くと、コンピューターに害を及ぼす可能性があります」
のメッセージが表示がされるようになりました。

このWindowsセキュリティのメッセージを非表示にする設定をしたので、メモしておきます。
Windows 共有フォルダ コピー Windows セキュリティ 表示 非表示

設定手順

1.コントロールパネルを表示させます。
※Windows10でコントロールパネルの表示手順は、下のブログ記事を見てください。

Windows10でコントロールパネルの表示
コントロールパネルの表示 Windows10で「コントロールパネル」の表示方法です。 コントロールパネル画面の表示のやり方をよく聞かれるのでメモしておきます。 コントロールパネル画面を表示したい 表示手順 コントロールパネ...

2.コントロールパネルで、「表示方法」を「大きいアイコン」にして(項目を見つけやすくため)、「イントラネット オプション」項目をクリック。
Windows 共有フォルダ コピー Windows セキュリティ 表示 非表示

3.「インターネット オプション」画面で、
①「セキュリティ」タブを選択
②「ローカル イントラネット」を選択
③「サイト」ボタンをクリック
Windows 共有フォルダ コピー Windows セキュリティ 表示 非表示

4.表示した「ローカル イントラネット」画面で「詳細設定」ボタンクリック
Windows 共有フォルダ コピー Windows セキュリティ 表示 非表示

5.表示した画面の「このWebサイトをゾーンに追加する」に、ファイルサーバーのIPアドレスやサーバー名を入力して追加ボタンをクリック。
※ファイルサーバーのIPアドレスが分からない場合は、ネットワーク管理者など詳しい人に聞いてください。
Windows 共有フォルダ コピー Windows セキュリティ 表示 非表示

例えば、ファイルサーバーのIPアドレスが「192.168.0.5」の場合
「file://IPアドレス」と入力(「\\IPアドレス」と入力でもOK)
または、「file://サーバー名」と入力
Windows 共有フォルダ コピー Windows セキュリティ 表示 非表示

ファイルサーバーのIPアドレスが追加したので、「閉じる」ボタン
以降、ファイルサーバーの共有フォルダでファイルをコピーしても、Windowsセキュリティが表示されなくなりました。
Windows 共有フォルダ コピー Windows セキュリティ 表示 非表示

コメント

タイトルとURLをコピーしました