Windows

Windows10でPCが保護されましたが表示した場合

スポンサーリンク

SmartScreenで

Windows10で、アプリを実行しようとすると「WindowsによってPCが保護されました」と表示される場合があります。
「表示があった場合にアプリを実行する方法」と「この警告の表示を無効にする設定手順」をメモしておきます。

Winows10のセキュリティー機能のSmartScreenによって、下記のような警告メッセージが表示されて、アプリが実行できない場合あります。

「WindowsによってPCが保護されました
Windows Defender SmartScreenは認識されないアプリの起動を停止しました。このアプリを実行すると、PCに問題が起こる可能性があります。」

Windows10 アプリ Windows defender SmartScreen 保護されました

表示あった場合

「WindowsによってPCが保護されました」の表示でアプリが実行できない場合の対応です。
2通りあります。
1.警告表示があった場合でもアプリを実行するやり方
2.警告の表示を無効にする設定手順
2は、設定で無効にするので今後表示されなくなります。
なるべく1のやり方で、実行できないアプリを一時的に実行した方がセキュリティ的に良いと思います。

表示があった場合でもアプリを実行するやり方

「WindowsによってPCが保護されました」の表示があった場合でも、アプリを実行するやり方です。

1.「詳細情報」をクリックします。
Windows10 アプリ Windows defender SmartScreen 保護されました

2.念のため起動しようとしたアプリか確認します。「実行」ボタンで、アプリが実行されます。
Windows10 アプリ Windows defender SmartScreen 保護されました

警告の表示を無効にする設定手順

「WindowsによってPCが保護されました」の表示を無効にする設定手順です。

1.デスクトップ画面左下のWindowsマーク(スタートボタン)をクリックして、表示したメニューの「歯車アイコン(設定)」をクリック。
Windows10 歯車 アイコン 設定画面 表示

2.表示した画面で「更新とセキュリティ」をクリック。
Windows10 設定画面 更新とセキュリティ

3.表示した画面左側で「Windowsセキュリティ」を選択。画面右側で「アプリとブラウザーの制御」をクリック。
Windows10 アプリ Windows defender SmartScreen 保護されました 無効 設定

4.表示したセキュリティ画面右側で「評価ベースの保護設定」をクリック。
Windows10 アプリ Windows defender SmartScreen 保護されました 無効 設定

5.表示した画面の「アプリとファイルの確認」項目が「オン」だと警告表示があります。
Windows10 アプリ Windows defender SmartScreen 保護されました 無効 設定

6.警告表示をなしにするには、「オフ」にします。
Windows10 アプリ Windows defender SmartScreen 保護されました 無効 設定

以前のWindows10バージョンの場合

Windows10バージョンが、以前のバージョン1803(Windows 10 April 2018 Update)(2018年ごろ)の場合での「WindowsによってPCが保護されました」の表示を無効にする設定手順です。

1.デスクトップ画面左下のスタートボタン(Windowsマーク)をクリックして、歯車のようなアイコンの「設定」をクリックします。
Windows10 アプリ Windows defender SmartScreen 保護されました 無効 設定

2.「Windowsの設定」画面で、「更新とセキュリティ」をクリック
Windows10 アプリ Windows defender SmartScreen 保護されました 無効 設定

3.表示した画面の左側で「Windows セキュリティ」項目をクリック。
4.画面右側で、「アプリとブラウザーの制御」項目をクリック。
Windows10 アプリ Windows defender SmartScreen 保護されました 無効 設定

5.表示した画面で「アプリとファイルの確認」の選択で「オフ」に選択します。
Windows10 アプリ Windows defender SmartScreen 保護されました 無効 設定

セキュリティ的には

以上で、アプリを起動しても「WindowsによってPCが保護されました」の警告メッセージは表示しなくなりますが、セキュリティー上は、「オフ」でなく「警告」にして、警告表示があった場合には、その都度アプリを実行する方法の方がセキュリティーには良いです。
Windows10 アプリ Windows defender SmartScreen 保護されました 無効 設定

コメント

タイトルとURLをコピーしました