Windows

ウイルスセキュリティ ZEROでアプリケーションにスプーラー サブシステムの追加

スポンサーリンク

スプーラー サブシステムがない場合

ウイルスセキュリティーソフトの「ウイルスセキュリティー ZERO」をインストールしたパソコンでプリンターが印刷できないときには、「不正侵入対策」の設定で「spooler subsystem」または「スプーラー サブシステム」の設定をします。
設定手順は、こちらのブログ記事

しかし、「ウイルスセキュリティー ZERO」の「設定」-「不正侵入対策」の「アプリケーション」で、アプリケーションの中に「spooler subsystem」または「スプーラー サブシステム」がない場合に追加する方法です。
Windows10 ZERO ウイルスセキュリティー ゼロ

スプーラー サブシステムの追加手順

1.設定「不正侵入対策」「アプリケーション」の画面で、「追加」をクリック。
「スプーラー サブシステム」のファイルを選択して追加します。「スプーラー サブシステム」の場所は、下記です。
C:\Windows\System32\spoolsv.exe
Windows10 ZERO ウイルスセキュリティー ゼロ 印刷 プリンター スプーラー

以下「スプーラー サブシステム」のあるフォルダにいき、追加する手順です。
2.アプリケーションの選択画面で、画面上で「PC」を選択して、「Windows(C:)」をダブルクリック
Windows10 ZERO ウイルスセキュリティー ゼロ 印刷 プリンター スプーラー

3.「Windows」フォルダーをダブルクリック
Windows10 ZERO ウイルスセキュリティー ゼロ 印刷 プリンター スプーラー

4.「System32」フォルダーをダブルクリック
Windows10 ZERO ウイルスセキュリティー ゼロ 印刷 プリンター スプーラー

5.「spoolsv.exe」を選択して、「開く」ボタン
※同じような名前のファイルが多くあるので、間違わないようにします。
Windows10 ZERO ウイルスセキュリティー ゼロ 印刷 プリンター スプーラー

コメント

タイトルとURLをコピーしました