Windows

Windows10で文字の大きさを表示スケールで変更

スポンサーリンク

拡大縮小レイアウト

Windows10の拡大縮小レイアウトというディスプレイの表示スケールを変更することで、文字の大きさを変えるやり方です。
この場合、文字だけでなく、メニューやアイコンなど表示全体が変わります(表示倍率が変わる)
また、アプリ(ソフト)のメニューの文字がぼやける場合もあります。
※Windows10で文字の大きさを変更するやり方は、こちらのブログ記事「Windows10で文字の大きさを変更」の方を最初に試してみてください。

変更すると、このような感じになります。

デスクトップ画面
左側が、初期の推奨表示100%。右側が表示125%にした場合。

左側が、初期の推奨表示100%。右側が表示150%にした場合。

エクスプローラーの画面

エクセルの画面

設定手順

1.キーボードで「Windowsキー(Windowsロゴマークのキー)」+「Uキー」を押します。
(キーボードでWindowsロゴマークのキーを押しながら、Uキーを押す)
2.「設定」の「ディスプレイ」項目の画面が表示されますます。

3.「拡大縮小レイアウト」の「メインディスプレイのアプリとテキストのサイズを変更する」で、「125%」や「150%」を選択

4.変更すると、右下に「ぼやけた表示のアプリを修正しますか?」の画面が表示されるので、「適用」ボタンをクリック

5.表示した画面で、「アプリが鮮明に表示されるようWindowsにより修正を試す」項目を「オン」にする

6.ここまで設定したら、いったん「サインアウト」します。
デスクトップ画面の左下のWindowsボタンをクリックして、「人のようなアイコン」のボタンをクリック

7.「サインアウト」をクリック。サインアウトするので、再びログインすると、変更した表示スケールになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました