PowerDirector 動画

PowerDirectorで動画をスローや早送りにする

スポンサーリンク

スローや早送りの動画にする

動画編集ソフトPowerDirector16で、動画の再生速度をスローや早送りにするやり方です。
分からず調べたのでメモしておきます。

設定で、動画の再生速度を変更できます。
動画の一部分をスロー再生にしたり、早送り再生にすることできます。
こんな感じです。

操作手順

スローや早送りの動画にする操作手順の流れです。
1.再生速度変更部分の分割する
2.再生速度の変更する

再生速度変更部分の分割

再生速度を変更する動画部分を分割します。

1.再生速度を変更したい開始位置に停止して、「分割」ボタンをクリック
PowerDirectorで動画をスローや早送りに設定

2.再生速度を変更したい動画部分の終了位置で「分割」ボタンをクリック
PowerDirectorで動画をスローや早送りに設定

3.再生速度を変更する動画部分が決まりました。この分割した部分だけ再生速度を変更します。
PowerDirectorで動画をスローや早送りに設定

再生速度の変更

1.分割した部分を選択
PowerDirectorで動画をスローや早送りに設定

2.「ツール」をクリックして、表示したメニューで「パワーツール」をクリック。
PowerDirectorで動画をスローや早送りに設定

3.「パワーツールの設定」画面で、「動画速度」項目をクリックチェックも入れる「速度調整」ボタンをクリック。
PowerDirectorで動画をスローや早送りに設定

4.表示した画面で、「可変速」項目の数値を変更します。

1より小さくすれば、スロー再生。1より大きくすれば、早送り再生になります。
例えば、0.1にすると再生速度が1/10になりスロー再生になる。 3.0にすれば、3倍速の早送りになります。

右側で、変更した数値で、プレビュー再生できるので、再生速度を確認できます。
PowerDirectorで動画をスローや早送りに設定

5.ここでは、「可変速」を0.1にして再生速度1/10のスロー再生にしてみました。「OK」ボタンをクリック
PowerDirectorで動画をスローや早送りに設定

6.動画の分割した部分の再生速度を変更できました。
PowerDirectorで動画をスローや早送りに設定

コメント

タイトルとURLをコピーしました