Windows

Windowsでファイルを開くソフトを別ソフトに変更

スポンサーリンク

標準で開くソフトの変更(既定のアプリの変更)

Windows10で、ファイルを開くソフト(アプリ)を別のソフト(アプリ)で開くように変更する設定と手順です。

例えば

例えば、今まではビットマップファイルをダブルクリックで、アプリの「フォト」で開いていたのを、アプリの「ペイント」で開くようにする。というものです。
ビットマップファイルに限らず、テキストファイルなどどんなファイルでも、そのファイルを開くのに使用するソフト(アプリ)を変更できます。(既定のアプリの変更といいます)

変更例
ビットマップファイルをダブルクリックすると、「フォト」で開いてたが
(ビットマップファイルの既定のアプリが「フォト」だった)

ビットマップファイルをダブルクリックで、「ペイント」で開くようにした。
(ビットマップファイルの既定のアプリをペイントに設定した)

既定のアプリの変更手順のやり方は、いくつかありますが、分かりやすいと思われる手順を示します。

既定のアプリの変更手順

ビットマップファイルでの変更手順の例ですが、他のファイルの場合でもやり方は同じです。

1.開くソフト(アプリ)を変更したいファイルのあるフォルダーを表示

2.ファイルの上で「右クリック」します。表示したメニューの「プログラムから開く」の「別のプログラムを選択」をクリック

3.表示したメニューで、開きたいソフト(アプリ)(ここでは「ペイント」)を選択。「常にこのアプリを使って .bmpファイルを開く」にチェックして、OKボタン

4.ファイルのアイコンが、「ペイント」に変わりました。これでビットマップファイルをダブルクリックすると、「ペイント」で開くようになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました