C#

VB.NETソースコードをC#ソースコードに変換

スポンサーリンク

ソースコードの変換

VB.NET(Visual Basic)のソースコードをC#のソースコードに変換する方法です。
変換する必要がでてきて、調べたのでメモしておきます。

変換する方法はいくつかあり、いろいろ調べましたが、私はフリーソフトの「SharpDevelop 4.4」を使って変換することにしました。
Windows10 64bitパソコンに「SharpDevelop 4.4」をインストール。問題なく動作してソース変換できました。
下記に変換する手順をメモします。

フリーソフトの「SharpDevelop 4.4」

SharpDevelopのダウンロード

フリーソフトの「SharpDevelop 4.4」をダウンロードします。
SharpDevelopのサイト
http://www.icsharpcode.net/OpenSource/SD/Default.aspx

1.SharpDevelopのサイトを表示します。画面左上の「Download」リンクをクリック。

2.「SharpDevelop 5」は、「C# support only」になっているので「SharpDevelop 4.4」の方をダウンロード
「SharpDevelop 4.4」の「Setup Download」をクリック。

SharpDevelopのインストール

1.ダウンロードした「SharpDevelop 4.4」のセットアップファイルでインストール。特に変更することなく、インストール画面にそってインストールした。




SharpDevelopでソースコード変換

1.SharpDevelopを起動。

2.SharpDevelopの画面

3.画面左上の「Open」ボタンで、VB.NETのソースコードファイルを開きます。

4.メニューの「Tool」-「Convert」-「code to」ー「C#」で、C#のソースコードに変換します。

5.変換できました。「Generated.cs*」タブにC#のソースコードができます
画面上のフロッピーアイコンの「Save」ボタンで、C#のソースコードをファイル保存できます。

6.ファイルの種類を「C# Files」にし、名前を付けて保存

コメント

タイトルとURLをコピーしました