PowerDirector 動画

PowerDirectorで四角の囲み枠線の挿入

スポンサーリンク

PowerDirector

動画編集ソフトPowerDirector16で、動画に四角の囲み枠線の挿入のやり方です。
分からず調べたのでメモしておきます。
四角などの塗りつぶし図形を動画に挿入する場合は、こちらの「PowerDirectorで塗りつぶしの四角の挿入」ブログ記事を見てください。

こんな感じに赤色の四角の囲み枠線を動画に挿入四角以外の囲み枠線も挿入できます。

手順

1.PowerDirectorの画面左側の「メディアルーム」アイコンを選択して、少し右側にある「>」をクリックでメニュー表示。

2.メニューの「カラーボード」をクリック

3.カラーボードの一覧から適当に選んで(色は後で変更できる)動画のトラックの下に追加

4.トラックに追加した「カラーボード」を選択して、「デザイナー」をクリックして表示したメニューの「PiPデザイナー」を選択

5.「PiPデザイナー」画面が表示されます。

6.「PiPデザイナー」画面左側の「オブジェクトの設定」「縦横比を維持」のチェックをなし「不透明度」を0%に設定

7.次に「PiPデザイナー」画面左側の「境界線」にチェックして、「塗りつぶし種類」や「色」を設定

8.右側で、四角の囲み枠線のサイズ変更と位置を変更して、「OK」ボタンで「PiPデザイナー」画面を閉じる

9.動画に四角の囲み枠線が挿入できました。四角の囲み線の表示開始時間や表示時間は、トラック上のカラーボード上を移動したり幅の変更で設定します。

四角以外の囲み枠線の手順

星型や雲形、ハートなどの四角以外の囲み枠線にする場合の設定手順です。
手順は、四角の囲み枠線と同じで、最後に形を設定します。

1.トラックのカラーボードを選択して、「デザイナー」をクリックして、表示したメニューの「マスクデザイナー」を選択

2.「マスクデザイナー」画面の左側のマスクの中から、マスクを選択「OK」ボタンをクリック

3.位置やサイズを変更して、四角以外の形の囲み枠線が追加できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました