Windows

Windows7のJavaのアップデート

スポンサーリンク

Javaのアップデート

Windws7の古いパソコンのJavaをアップデートしました。

64bitのWindws7のパソコンですが、JavaのアップデートしようとJavaコントロールパネルを開きましたが、なぜか「更新」タブがなく、アップデート方法が分かりませんでした。
アップデート方法をいろいろ調べてしまったのでメモしておきます。

windows7 64bit Java アップデート

手順

このような場合は、手動でアップデートします。
つまり、既存のJavaをアンインストールして、ダウンロードした最新のJavaをインストール。

1.すでにインストール済みのJavaをアンインストールします。
「コントロールパネル」ー「プログラムと機能」を選択。
下図では、32bit版、64bit版の2つがインストールされていました。バージョンもここで確認できます。
両方ともアンインストールします。
windows7 64bit Java アップデート

2.インターネットで、最新バージョンのJavaをダウンロードします。
http://java.com/ja/
「無料Javaのダウンロード」をクリック
windows7 64bit Java アップデート

3.画面下の「すべてのJavaのダウンロードを表示します」リンクの方をクリック
windows7 64bit Java アップデート

4.32bit版は「Windowsオフライン」を、64bit版は「Windowsオフライン(64ビット)」をダウンロード。
私がインストールパソコンは64bitなので、「Windowsオフライン(64ビット)」ダウンロードしました。
windows7 64bit Java アップデート

5.ダウンロードしたインストラーを実行します。
「インストール」ボタンをクリック
windows7 64bit Java アップデート

6.「閉じる」ボタンクリックでインストーラーが終了
windows7 64bit Java アップデート

7.「コントロールパネル」ー「プログラムと機能」を開いて、インストールしたJavaのバージョンを確認。
windows7 64bit Java アップデート

8.以上でJavaのアップデート(インストール)は終了ですが、Javaの設定を変更しておきます。
「コントロールパネル」ー「Java」で「Javaコントロールパネル」が開きます。
「詳細」タブを選択。一覧の最も下の「Javaのインストールまたは更新時にスポンサのオファーを表示しない」にチェックして、「適用」ボタンクリックし「OK」ボタンクリックして閉じます。
windows7 64bit Java アップデート

コメント

タイトルとURLをコピーしました